2019年1月2日水曜日

Happy New Year! あけましておめでとうございます

謹んで新春のお祝いを申し上げます。

旧年中は、当協会の活動を応援してくださっている皆様、ベジコンに参加してくれた農業高校の先生&学生の皆さん、そして幼稚園・保育園の先生&園児のみなさん、本当にお世話になりました。御礼申し上げます。

第6回売校生こどもベジコンの表彰式が12月19日の中日新聞で紹介されました。
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20181219/CK2018121902000041.html

ベジコンも2019年で7回目となります。

今年は、さらに多くの農業高校、幼稚園・保育園に参加していただける魅力的なベジコンにしていきたいと考えております。

皆様にとって2019年が素晴らしい1年になることを願っております。

2019年もベジコン、そしてこどもファーマーズ協会をどうかよろしくお願い申し上げます。

こどもファーマーズ協会一同







2018年12月20日木曜日

第6回高校生こどもベジコン表彰イベント@長野県下伊那農業高等学校

2018年12月18日(火)、空気が澄んだ冬晴れの太陽の下、第6回高校生こどもベジコン表彰式を優勝校の長野県下伊那農業高等学校にて開催しました。

表彰式に先立ち、こどもファーマーズ協会理事の横山がアグリサービス科 生産流通コース3年生 21名に海外の学校の教育事情について講演をする時間をもらい、プレゼンをさせていただきました。

表彰式には、村澤校長先生、担当教諭の小池先生、中日新聞記者の石川さま、信濃毎日新聞記者の小松さま、そして、半年以上、長野県下伊那農業高等学校「みっけ、コメコメ隊!」(アグリサービス科 生産流通コース3年生 21名)と一緒にコメを育てたパートナー園 森のようちえん 野あそび保育 みっけから約20名の園児が参加してくれました。高校生一人一人にペアの園児が決まっており、苗作りから収穫まで一緒に農作業をした高校生と園児の間には強い信頼関係と家族のような温かい繋がりを感じることができました。






笑顔と笑い声の絶えない表彰式でした。

この素晴らしい活動とお互いの関係を、来年以降も、継続的に続けてくれることを心からお願いさせていただきます。そしてベジコン史上初の大会連覇を狙っていただきたいと思います!




こどもたちの笑顔をたくさんたくさん収穫してくれた、
参加高校の中で、1位~3位に選ばれた高校には、表彰状と活動を後援してくださっている一般社団法人日本惣菜協会様から図書券を贈ります。






2018年12月11日火曜日

第6回こどもベジコン表彰イベント

NPOほがらか絵本畑の表彰式の報告を転載します。
三重県伊賀市のモクモク手づくりファームにて「第6回ベジコン表彰イベント」が行なわれました。
自分たちで野菜を育てて、料理をして、みんなで食べることの楽しさ、すばらしさを体感していただくことを目的としたコンテストです。
東京のNPO法人こどもファーマーズ協会と合同で行なっています。
今年はみんなでさつまいもを育てました。
参加園は104園。参加園児数は1万人を超ました。

今日の表彰イベントには、寒い中、約200名もの人が来てくれました。
こどもファーマーズ協会の理事である福島さん、白砂さん、浅井さんも駆けつけてくれました。
そして、みんなが育ててくれたさつまいもを使って、みそ汁と大学いもを作り、もみ殻で焼いたやきいもをみんなで食べました。
重さも競います。
一番重いさつまいもを作ったのは、鈴鹿市の国府幼稚園。3キロ超えの大きなおいもができました。
2位は、松阪市の山室幼稚園、伊賀市の猪田保育所。
3位は、菰野町の菰野幼稚園・東保育園。
表彰式のあとは、ぼくの絵本ライブ。広い空にた~くさんの笑い声がこだましました。
さらに、鈴鹿市の一ノ宮保育所の先生方が、さつまいもの劇をしてくださいました。とっても楽しいステキな劇でした。
その後は、みそ汁、大学いも、やきいもをほおぼりながら、笑顔いっぱいの時間を過ごしました。
多くの方々に、しあわせをいっぱい感じていただけたと思います。

忙しい中ベジコンの準備にずっと携わってくれたスタッフたち、ボランティアで手伝いに来てくださった皆さん、毎年協力してくださっているモクモク手づくりファームの皆さん、こどもファーマーズ協会の皆さん、そして、今日来てくださった皆さん、ベジコンに参加してくださった皆さん、心から感謝申し上げます。


会場はモクモク手づくりファームの「おかえり自然農園」


みんなが育てたさつまいもを切ります。


さつまいもたっぷりのみそ汁を作ります。


大学いもも作ります。


もみ殻を使って。


やきいもを作ります。


重さ第一位は鈴鹿市の国府幼稚園。3キロを超える大さつまいもです。


第2位は同率で、松阪市の山室幼稚園と伊賀市の猪田保育所。


第3位は菰野町の菰野幼稚園・東保育園。


しんちゃんの野外絵本ライブのはじまり、はじまり。


みんなの笑い声が空にこだましました。


さつまいもの劇をしてくれたのは、


鈴鹿市の一ノ宮保育所の先生方です。


モクモク手づくりファームの家城さんによる「いただきますのうた」


あったかいみそ汁だよ。


あまい大学いもだよ。


ホクホクのやきいも。


おいしいねえ。


みんなで食べると楽しい。


うれしい。


ハッピーファミリー賞はみんなにあげたいけど1組のご家族に。


笑うことってステキ!


食べることってステキ!


しあわせ!


2018年12月10日月曜日

お待たせしました!第6回 高校生こどもベジコン結果を発表します

第6回 ベジコン結果発表

第1位: 長野県下伊那農業高等学校   

チーム: 「みっけ、コメコメ隊!」
    (アグリサービス科 生産流通コース3年生 21名)
      リーダー: 熊谷幸乃さん
      担当教員: 小池眞理子先生


パートナー: 森のようちえん 野あそび保育 みっけ
育てた野菜: お米(種まきから試食まで)


★4月24日に高校生こどもベジコン参加校第1校目として参加表明の連絡をもらいました。レポート掲載回数はダントツの8回!種まきから試食まで、高校生とこどもたちの笑顔満載の写真をたくさん送ってくれました!みっけ、コメコメ隊、そして森のようちえん 野あそび保育 みっけの皆さん、第6回ベジコン優勝、本当におめでとうございます!

第2位: 福島県立ふたば未来学園高等学校

チーム:「スペシャリスト系列農業栽培班」
    リーダー: 鈴木君
    担当教員: 渡部智博先生

パートナー: 広野町保育所
育てた野菜: サツマイモ


★6月に高校生こどもベジコンに参加してくれた福島県立ふたば未来学園高等学校、レポート毎に「スペシャリスト系列農業栽培班」と広野町保育所の園児との距離が近くなっているのが手に取るようにわかる写真を多く送ってくれました。定植から手作りサツマイモ蒸しケーキの手渡しまで、1つのストーリーを読むような素晴らしいレポートでした。第6回ベジコン第2位、本当におめでとうございます!!


チーム: 「微生物利用班」
      リーダー: 井戸さん
      担当教員: 大坪信弘先生

パートナー: 美濃加茂市立下米田保育園
育てた野菜: サツマイモ(品種:紅あずま、金時、安納芋、紅はるか、パープルスイートロード)

★高校生こどもベジコンへの参加は7月下旬でした。微生物利用班の皆さんの笑顔と、米田保育園の園児の笑顔がとても印象的なレポートありがとうございました!収穫後に、園児に手作りの紙芝居の読み聞かせをして教室の中の食育を行ったことをとても評価させていただきました。第6回ベジコン第3位、本当におめでとうございます!!

第6回ベジコン(高校生こどもベジコン)には、全国から8校が参加してくれました。
参加してくれた学生の皆さん、学生の活動を支えてくれた先生のみなさま、そして、参加校のパートナーとしてベジコンを盛り上げてくれた保育園、幼稚園、そして小学校のみなさま、本当にありがとうございました。食物を育てる喜び、収穫する喜び、食べる喜び、そして教える喜び、学ぶ喜び、多くの喜びをこの活動を通して感じて頂けたらうれしく思います。

来年も皆さんと一緒にベジコンを盛り上げていきたいと考えています。

こどもファーマーズ協会






2018年12月9日日曜日

東京都立農業高等学校 園芸部からパートナー園との「焼き芋大会」の報告が届きました!


117日(火): 
府中市立本町保育所と焼き芋大会を行いました。

3,4,5歳児クラスの子供たちとおいしくいただきました。
園児さん達手作りの感謝状もいただきました。


都立農業高等学校 都市園芸科 伊東孝明


高校生こどもベジコンは、高校生が先生となり、作物をパートナーの子供たちと一緒に育て、作物が成長するところを観察し、収穫の喜び、そして一緒に食べる楽しさを共有して、完了となります。東京都立農業高等学校 園芸部の皆さん、府中市立本町保育所の園児の皆さん、素晴らしいレポートと写真、ありがとうございました!また来年もぜひ参加してください。

2018年11月23日金曜日

福島県立岩瀬農業高等学校から【ベジコン活動報告】がとどきました

福島県立岩瀬農業高等学校から【ベジコン活動報告】がとどきました!

【11月2日】:巨大キャベツにびっくり!芳山小学校と収穫・会食!

郡山市立芳山小学校の児童さん44名と収穫を行いました。収穫した野菜は、サツマイモ・キャベツ・ニンジン・ネギです。保護者の方、先生方に協力していただきながら楽しく収穫しました!特にサツマイモは、大きいものから小さい物まで、たくさん収穫することができました。巨大キャベツの最大重量は11.3kg!


また、収穫した野菜を使い一緒に調理・会食を行いました。メニューは、豚汁、浅漬け、炊き込みご飯。収穫したサツマイモ・ニンジン・ネギは、豚汁の具に。キャベツは浅漬けにして食べました。班ごとの味の違いを楽しみました。





【11月8日】:最大1.15kg!サツマイモと大根を収穫しました!

郡山市にある幼稚園、アゴラキンダーガーデンさんと、サツマイモと大根の収穫を行いました。サツマイモは次々に掘れて、たくさん収穫することができました。最大重量は1.15kg。大根にはさまざまな色があり、緑色がビタミン大根・青の蜜、白色が耐病総太り、紫色が赤大根・もみじという品種です。

カラフルな大根を初めて見た園児たちはびっくりしていました。黙々と収穫してくれた園児もいました!収穫の楽しさを、皆で感じることができました。12月には会食を予定しています。楽しみです!