2014年5月31日土曜日

かぼちゃ娘 定植はじまる

岩谷先生(山形県立村山産業高等学校)からです。

「本日、畑の気温は30℃以上!炎天下でしたが、蔵王カボチャの定植の
ための畝立てとマルチングを行いました。むすめ4人では、難しかったので、
今回は、男子の力も借りての作業でした。これで定植ができます」




かぼちゃ娘には、虫だけでなく男子も寄ってくるようですね。とても健全だと思います。   あさい

カボチャちゃん 東京都立農業高校 チーム ファミーマズ エビスくん カラバッサブランカ



「カボチャちゃん ベジコン」にチームファミーマズ エビスくん カラバッサブランカ
3チームの参加申込みをいただきました。 カボチャの種類 白爵  エビス白爵。この種は東京の伝統のカボチャですか? 地元の保育園、幼稚園、小学生とカボチャで食育交流をお願いします。ひとりでも多くの子どもたちに農業に関心をもっていただけるようにお願いします。

なお、“ベジコン”は都立農業高校ぬきには語れません。 第一回ベジコンを開催できたのは、久保田前校長先生と、渡辺先生(現:東京都立青梅総合高等学校)のご協力をいただけたからです。それだけに都立の参加がとても嬉しいです。 伊東先生、余裕があれば、デカキャベツもお願いします。 

カボチャ娘のようなチームの写真をまっています。

あさい

2014年5月27日火曜日

蔵王カボチャ “カボチャむすめ“ 山形県立村山産業高等学校

 「山形の伝統野菜、蔵王カボチャを頑張って育てます。よろしくお願いします。」
岩谷先生からのカボチャコンテストの申し込みに添えられたメッセージです。

かぼちゃ娘のみなさんの笑顔が最高! 山形美人! 期待しています。

今回からベジコンにカボチャを加えました。正直、いったいどうなるのかまったく見当がついていません。
各地に伝統野菜があるようですね。わくわくしてきました。

現在、カボチャ部門は以下3校が応募してくださいました。

東京都立青梅総合からは、アトランティック・ジャイアント
福島県立会津農林からは、伝統野菜“小菊かぼちゃ”
山形県立村山産業からは、伝統野菜“蔵王カボチャ”

全国の伝統?カボチャが出そろうといいですね。 青梅は大きいのができそうですね。ハロウインの目玉になりますね。 地元の子どもたちとカボチャをとおして交流してくださいね。地元の新聞社など報道機関に活動を報告すると、伝統野菜“蔵王カボチャ”をより多くの方に知っていただけると思います。

将来の”かぼちゃ娘”も育ててください。




あさい

2014年5月24日土曜日

伝統野菜を通して小学生と交流 会津農林高校

会津農林高校の
江川先生から学校の取り組が紹介された記事をいただきました。
ありがとうございます。 ここに紹介します。

1.  伝統野菜を通して小学生と交流
2.  伝統会津野菜“小菊かぼちゃ”の栽培に挑戦







会津農林高校は、ぼくたちのNPO こどもファーマーズ協会が目指していることをすでに実践されているのとても嬉しく誇りに思います。



今年のベジコンは、デカキャベツに加え、カボチャを課題にしました。かぼちゃは初めてで手探りなのでどうなるか心配です。参加が少ないかも知れません。 でも、会津伝統野菜“小菊かぼちゃ”がどんなものなか想像するだけでもワクワクします。伝統郷土料理に使ってみんなと食べることができるといいですね。


あさい

2014年5月22日木曜日

521日、農業高校生ベジコンを後援してくださっている、一般社団法人日本惣菜協会 協会創立35周年総会・記念パーティーに招待されました。

堀会長のスピーチで、惣菜は成長産業だということを再認識しました。創立時約9000億円(料理品小売業)が、2012年の惣菜の市場規模は8兆円を超えて、多くの産業が低迷する中、成長を続けている。そして、惣菜管理士資格制度が創設20周年、「惣菜管理士」は、約14000人の惣菜管理士が食品業界で活躍しているとのことでした。

また、今回も林農水大臣が出席しスピーチをされました。ユネスコ無形文化遺産に登録された“和食“が、フランスをはじめヨーロッパでの高い評価を得ていて、パリでは日本の惣菜が人気であること”BENTO”が注目を浴びているそうです。 

300社を超える出席者は、惣菜を作る会社だけでなく、食文化に関連した事業関係者が多数おられ、和惣菜の可能性について話を聞くことができました。 

農業高校のみなさん、“日本の惣菜”“和食の文化“を学ぶことで、将来の仕事や夢に広がりがでると思いました。

では
あさい


PS 写真がなくてすみません。