2014年11月5日水曜日

陸前高田の保育所は、デカキャベツ全滅だと思っていたら、なんと2園、復活していました。

陸前高田の保育所は、デカキャベツ全滅だと思っていたら、なんと2園、復活していました。



高田保育所と小友保育所です。
小友保育所は、公子先生から写真が届くと思います。

高田保育所の分は、ぼくからレポートさせていただきます。

(以下、コメント)
陸前高田市内では、一番タネをまく時期が遅かった高田保育所です。
しかも、仮園舎なので、広い畑もなくプランターでの栽培です。
それが、まだ、まいてはいないけど、大きな葉っぱの中に、「がんばってます!」と言わんばかりのキャベツが鎮座しています。
先生方が、熱心に育ててくれています。
がんばれ!キャベツ!

しんちゃん (三浦理事長)
NPOほがらか絵本畑
http://www.hogaraka-ehonbatake.org/
http://hogaraka-bookdoctors.blogspot.jp/2014/11/422014111.html



★★★ ベジコン園児の部を実質的にまとめていただいている、しんちゃんからのレポートです。
しんちゃんは、震災直後から40回以上陸前高田を訪問し、絵本で園児にみなさんと交流しています。
陸前高田市の園児にのあいだで一番の有名人は”しんちゃん”だね!と、市役所の方々がおっしゃってました。

ちなみに、しんちゃんのオフィスがある三重県菰野町から陸前高田市は往復2000キロあります。しんちゃんは毎月一回以上、こどもたちの笑顔をみるために、東京ーソウルを行き来している勘定になりますね。 

あさい (ベジ太郎)

0 件のコメント:

コメントを投稿