2015年5月13日水曜日

園児ベジコン、 オタフクソースお好み焼き大会準備開始


全国高校生ベジコンは、現在参加5校と伸び悩んでいます。大きくなるのは北海道など寒冷地栽培に適した種類のキャベツです。そのため、ベジコンに合わせた収穫時期の調整が難しく地域や栽培に適さない地域の高校は、優勝できる可能性が低くなるためか生徒のモチベーションがあがらず参加に踏み切れないそうです。全国の農業高校(農業科の)みなさん、デカキャベツで地元人々の子供たちとの食育交流が主目的です。みなさんの高い技術でデカのいのを作ってください。参加申し込みをお待ちしています。

さて、園児ベジコン。現時点で30園以上の参加申し込みがありました。 陸前高田市、三重県菰野町の交流プログラムから始まり、今年は、茨城県つくば市の“まつぼっくり保育園”から参加がありました。私たち、NPOこどもファーマーズ協会の理事、五十嵐立青さんが代表を務める“ごきげんファーム (つくばアグリチャレンジ) http://www.gokigenfarm.org/  ”のメンバーと一緒に定植をしてきたと報告がありました。

今年の園児ベジコンは、三重県だけでも園児とそのご家族で10000名が関わる大イベントになりそうです。園児は、大きさを競うより、大きいキャベツを作って感動し、(虫に食われて小さくなっても) たくさんのこどもたちが野菜づくりの楽しさを体験し、そして自分たちで料理して食べる喜びを味わっています。

今年は、こどもたちの食育活動に積極的に取り組んでおられる、オタフクソース(http://www.otafuku.co.jp/ がベジコンを後援してくださいます。 陸前高田の園にはお好み焼きキャラバンも出していただけそうです。園児お好み焼きイベントができそうなので、まだまだ参加園が増える気がします。



(これは、ベジコンを応援してくれている清水司さんの絵です。広島出身のお好み焼き大好き、オタフクソース大好きのイラストレータ・武蔵野美術学園講師です。 



先日、オタフクソース“お好み焼き館館長” 松本重訓さんから「・・私が、先日 NYでのお好み焼デモ講演 ユーチューブで掲載されていましたので、ご案内します。https://www.youtube.com/watch?v=r5k2cfqsIpQ ・・・」ニューヨークでの楽しい映像でした。お時間のある時にごらんください。 NY、お好み焼きで国際文化交流です!大成功だったようです。すごいですね。お好み焼きで世界とつながるなんて!

NPOこどもファーマーズ協会

浅井宏純 (ベジ太郎)

0 件のコメント:

コメントを投稿