2017年8月31日木曜日

第5回ベジコン2017の参加申し込みは本日8月31日締め切りました。

5回ベジコン2017の参加申し込みは本日831日締め切りました。
最終参加一覧を発表します。
(8月31日夜11時に会津農林高校から参加申込みメールが届いていました。このブログの最終参加校一覧を削除し次のブログで発表します。あさい)


美幌高校+パートナーの美幌大谷幼稚園 年長52名

「高校生こどもベジコン」は、参加校が少なく「こどもベジコン」と統合して実施することになりました。 表彰も「こどもベジコン」に準じて行います。ご了承ください。

「高校生こどもベジコン」は3校。過去と比べて参加数が激減しました。第5回は今までと違い、学校単独での参加できなくなったことが要因でした。参加条件の保育園、幼稚園、小学校のいずれかとパートナーを組むことが、授業時間やクラブ活動の都合などから困難だったようです。なお、昨年の優勝校、福島県立岩瀬農業高等学校は幼稚園と小学校の二つ同時にパートナーを組んで参加されています。

こどもベジコンは70(園と小学校)と毎年参加数が増えています。こどもベジコンは共同主催団体のNPOほがらか絵本畑(三重県)が運営しています。三重県内で100校の参加を目標にしており、タイミングみて全国展開をする計画があります。笑顔の数が全国に広がりそうです。

なお、第5回は、以下の変更がありました。

1、名称変更
全国農業高校ベジコン  高校生こどもベジコン
園児ベジコン  こどもベジコン

2、参加条件の変更
「高校生こどもベジコン」:保育園、幼稚園、小学校とパートナーを組む
(第4回までは高校が単独で参加できた) 
「こどもベジコン」:保育園、幼稚園に加え小学校の参加ができる

3.課題野菜
高校生こどもベジコン :デカキャベツ  自由
こどもベジコン: デカキャベツ  サツマイモ


NPOこどもファーマーズ協会

浅井宏純

北海道美幌高校 締め切り間際で参加お申し込みがありました!! ありがとう!!


チーム紹介:一昨年優勝、昨年準優勝、今年こそは・・・。園児との交流楽しみです。昨年は、キャベツを提供しただけなので、一緒に食べて笑顔を増やしていけるよう頑張ります。チームの中には、幼稚園教諭を目指している人もいます。幼稚園教諭となった場合には、さらに多くの食育活動に取り組んで行きたいです。

パートナーの園名:美幌大谷幼稚園 年長52名 育てる野菜の種類 大玉キャベツ(札幌大球4号) ジャガイモ(キタアカリ)
栽培場所:美幌高校圃場

北海道美幌高校 農業クラブ
チームリーダー 阿部友弥

福島県立岩瀬農業高等学校の3年生専攻班「岩農ベジタブルズ」

ベジコン 活動報告 

私たちは、福島県立岩瀬農業高等学校の3年生専攻班「岩農ベジタブルズ」です。メンバー6人で活動しています。昨年の先輩に引き続き、課題研究の授業の中で交流活動を行っています。昨年度は園児(アゴラキンダーガーデン)とのみ交流していましたが今年は小学生(郡山市立芳山小学校2年生)とも交流を始め、活動の幅を広げています! 
11月に行われる小学校の親子活動に向けて野菜を育てています。今までの活動のまとめを報告します。

5月12日 郡山市立芳山小学校に行ってきました。

私たちは今年から、郡山市立芳山小学校(こおりやましりつほうざんしょうがっこう)2年生、2クラス50名と交流活動を始めました。初めて芳山小学校を訪問、最初にキャベツ、トマト、キュウリの紙芝居を読み、原産地や種まきの仕方、どのような品種があるのかなどの説明を行いました。

 キャベツは昨年と同じ「札幌大球甘藍4号」、巨大キャベツです。ミニトマト「CF千果」「オレンジ千果」とキュウリ「ミニQ」は、アサガオ用のプランターを使い栽培していきます。

小学生たちに紙芝居で教えた種まきの仕方を実演し、小学生たちに実際にやってもらいました。色をつけた割り箸を使って、種をまく穴の深さを分かりやすくしました。緊張していた私たちも徐々に打ち解け、小学生たちの好奇心いっぱいの様子が印象に残りました。


5月19日 アゴラキンダーガーデンに行って来ました。

 昨年から交流活動を行っている、「アゴラキンダーガーデン」という幼稚園を訪問しました。
アゴラキンダーガーデンさんは英語保育を行っており、私たち高校生は英語で自己紹介しました。園児たちは元気いっぱいに自己紹介してくれて、緊張していた私たちも自然と笑顔になりました。
次に子供たちにピーマンとカボチャについて紙芝居で説明、種まきを行いました。高校生が手伝いながら、ピーマン「こどもピーマン」とカボチャ「ほっこりえびす」「紅芳香」の種をまいていきます。「もっとやりたい」と積極的な子も。
その後は軒下に持って行き、コップ一杯の水をひとつずつポットに入れていきました。苗は発芽まで園で管理していただきました。



6月9日 小学生が岩瀬農業高校を訪問

芳山小学校の生徒、先生、保護者数名が来校しました。こどもベジコンの課題野菜であるサツマイモ「クイックスイート」「べにはるか」、他にはニンジン「Dr.カロテン5」、ゴボウ「サラダ娘」を紙芝居で説明した後、畑に直行です。
サツマイモの植え方の注意点を守って一苗ずつ植えていきます。並行してほかのクラスはニンジン、ゴボウの種まきです。10cmごとに目印がついたところに2粒ずつまいていきます。作業を交代で行いました。同じ箇所に複数埋めないよう、注意しながら真剣に取り組んでいました。
 その後は巨大キャベツの植え付けも行い、無事活動を終えました。





6月16日 アゴラの園児たちが本校を訪問

園児たちが園で大きく育ててくれたカボチャの苗を持って本校を訪問、サツマイモ「べにはるか」「クイックスイート」、カボチャ「ほっこりえびす」「紅芳香」の植え付け、ニンジン「Dr.カロテン5」、ゴボウ「サラダ娘」の種まきを行いました。昨年活動した事のある園児にとっても、サツマイモやカボチャなどは扱うのが初めての野菜になります。
協力し合って活動は順調に終了、今後の生育がますます楽しみです!


6月30日 芳山小学校にて鉢に植え替え

6月30日私たちは芳山小学校を訪れました。
この日は以前に種をまいて育ったミニトマト「オレンジ千果」「CF千果」とキュウリ「ミニQ」の苗を、ポットからプランターに植え替える作業です。10人近くの子供たちを高校生ひとりで担当、植え替えの注意点を説明し、自分の苗を植え替えしてもらいました。
プランターに入れる土の深さが難しく、「まだまだ土が入るよ」などと声を掛け合いながら全員無事終了。夏休み中は、各自家に持ち帰り管理をしています。
次回は秋に収穫活動を予定しています。


以上

2017年8月29日火曜日

伊賀市 依那古第二保育所

「子どもべジコン」参加の伊賀市の依那古第二保育所に行ってきました。
空が広くて、とってものどかなところにある園です。
こちらの園は、第1回目からずっと参加をして下さっています。
地域のおじさんに畑をお借りして、協力してもらいながら、みんなでさつまいもを育てて下さっていました。
今回の写真は、僕も入って、さつまいも畑と記念撮影です。

ほがらか絵本畑 たいち

三重県桑名市 明正幼稚園 べジコンのご報告

べジコンのご報告です!
先日、三重県桑名市の明正幼稚園に行ってきました。
こちらの園は、今年初の参加です。
畑を見せてもらうと、おひさまと先生たちのステキな笑顔をあびて、さつまいもの苗は、すくすくと育っていました。
写真お送りします。
子どもたちとみんなで、楽しみながら、「子どもべジコン」に参加をしてくださっていました!
とっても嬉しかったです。
今後の様子が、楽しみです!!

ほがらか絵本畑 たいち