2017年9月24日日曜日

三重県鈴鹿市の西条保育所からのレポート



べジコンレポート、お送りします。
三重県鈴鹿市の西条保育所からのレポートです。
こちらの園は、5歳クラスのみんなが中心となって、さつまいものお世話をしてくれていました。
水やりや草とりを毎日、一所懸命してくれているよです。
ちいさな畑ですが、苗もすくすくと育っていました。
子どもたちに、「どんなのが採れるか楽しみだね」と尋ねると、両手を広げて、「おっきなのが採れるで~」と笑顔で答えてくれました。
毎年、やきいもパーティーも行っているようで、子どもたちはそれをとても楽しみにしていました。

また、今年は、「子どもべジコン」をきっかけに、改めて食育を見直そうということになったようで、ステキな光景を見かけました。
毎日、保護者の皆さんにご案内をする、給食のこんだてを、皆さんにもっと見てもらえるようにと、目を引くように先生たちは工夫をされ、
そこには、先生たちの手作りご意見箱も設置されていました。
すると、次の日にはさっそく、給食の先生たちに宛てた、子どもたちや親御さんからの、感謝のお手紙がたくさん入っていたようです。
先生たちの工夫で、人と人とがつながり合っていました。
「子どもべジコン」をきっかけに、ステキな光景を見かけました。

ほがらか絵本畑 たいち


0 件のコメント:

コメントを投稿