2017年10月24日火曜日

猪田保育所 1.6kg  つるでクリスマスのリースを作ります


おはようございます!
三重県伊賀市の猪田保育所からのべジコンレポートをお送りします
こちらの園は、地域の畑をお借りして、さつまいもを育ててくれていました。毎年、地域のおじいさん、おばあさんたちが、保育所の子どもたちのために、広いさつまいも畑を用意してくれているようです。毎年、地域のおじいさん、おばあさんたちは、子どもたちと一緒に、さつまいものお世話をして、芋ほりをすることを、とても楽しみにしてくださっているようでした。子どもたちも、そんなおじいさん、おばあさんたちが大好きで、芋ほりをとても楽しみにしていたみたいです。
そんな中、先日、みんなでたくさんのさくまいもが収穫できたとのことでした。一番大きなさつまいもは、
なんと16kg!!
収穫できたさつまいもは、給食の先生たちが美味しく調理をしてくれて、みんなで楽しく食べたようです。
また、給食の先生たちから保護者の皆さんへと、お家でもさつまいも料理を楽しんでもらえるように、スイートポテトやさつまいもケーキのレシピを用意して、ご案内をして下さっていました。
また、先生たちが、さつまいものつるを取り分けている様子もありました。話をお聞きすると、さつまいものつるを使って、今度は、みんなでクリスマスのリースを作るようでした。
地域のおじいさん、おばあさんたちと交流されながら、楽しいことは、まだまだ続きそうです。
ほがらか絵本畑 たいち



猪田保育所のみなさん たいちさん
レポートありがとうございます。おいしくたべて、つるもクリスマスリースになるんですね。すてき! 出来上がったらみせてくださいね。
「さつまいもは収穫してからしばらく乾かすことで、うんとおいしくなるよ」今日、東京都立農業高校の先生から聞きました。 
では 

あさい

0 件のコメント:

コメントを投稿