2018年6月30日土曜日

6月28日(木)東京都立農業高校を訪問してきました

6月28日(木)に、第6回高校生こどもベジコン参加校 東京都立農業高校を、理事の浅井と横山が訪問しました。伊東先生のご厚意で、学校の農場見学をさせていただき、また、ベジコンに参加してくれている園芸部のチームメンバーと交流する時間を作っていただきました。

東京都立農業高校では、毎週、収穫した野菜・果物・花・加工品などを校内の販売所で販売していること、トマトをデパートに出荷していること、東京GPA/JGPA/グローバルギャップの違いとそれぞれの認証を取得する目的や意味など、多岐にわたって教えていただきました。

園芸部の学生から、将来の夢、高校卒業後の進路、農業に対するアツい気持ち、ベジコンに参加することでパートナーとなった保育所のこどもたちとの交流の感想など聞くことができました。また、将来的に農業に従事したい、仕事にしたい、でも働き先を見つけることができない、という現実があることも教えてくれました。

伊東先生、そして園芸部の皆さん、本当にありがとうございました。こどもファーマーズ協会は、これからの日本の農業の担い手になる農業高校の学生の皆さんと積極的に交流し、少しでも力になれる活動やイベントを続けていきます。












0 件のコメント:

コメントを投稿