2018年10月28日日曜日

720グラム!  たのしそう!おいしそう‼ 木曽岬町立幼稚園保育園


おはようございます。
木曽岬町立幼稚園保育園からのべジコンレポートです。
こちらの園は、毎年参加をしてくださいっています。

これまで、園の畑でさつまいもを作ってくれていましたが、今年は、地域の方に畑をお借りして、作ってくれていました。
地域の方の協力のもと、子どもたちも草抜きや水やりをしながら、お世話をしてくれていました。
先日、みんなで、いもほりをしたようです。一番大きいのは、720g
女の子と男の子で、一緒にいもほりをした様子は、なんとも可愛らしいです。
先生に、いもほりの様子を伺った際、これ見て~子どもたちの様子可愛いやろ~と言って、嬉しそうに話を聞かせてくれました。

ほがらか絵本畑 たいち


2018年10月26日金曜日

みっけコメコメ隊~宝探し&稲刈り~<ベジコンレポート⑥>長野県下伊那農業高等学校


<ベジコンレポート⑥>                                       
長野県下伊那農業高等学校

★第6回(9月28日 金曜日 11:0012:0

みっけコメコメ隊~宝探し&稲刈り~


 田んぼに全員入れるように!作業前のお楽しみ、宝探しでテンションあげます!


めに稲の中に隠してあるボールを一人一個探し出す宝探しをした後に、ペアごとに鎌を一本ずつ持ち稲刈りを開始しました。高校生に手伝ってもらいながら、怪我をしないように気を付けながら、慎重に稲を刈り、稲を持った時の子供たちの表情はとても達成感に満ち溢れていました。稲刈り前に子供たちが田んぼに入った時には、田んぼに入るのをとても怖がり、結局最後まで入ることができなかった子供たちもいましたが、今回の稲刈りでは全員が田んぼに入ることが出来ました!成っている稲を全部刈るために、長い時間田んぼの中での作業になってしまいましたが、最後まで頑張っている子供たちの姿にとても嬉しい気持ちになりました。作業後はみんなで刈った稲を片手に記念写真!子供たちも、高校生も、みんないい笑顔でした。今回の交流の事前準備は少し足らない点があり、もっと余裕をもって行えればよかったと思います。本番の進行等はスムーズに行えていたと思うのでとてもいい会になったと思います。さて、来週はついに自分たちが育て、収穫したお米の実食です! 



感想①
前日の雨で、だいぶ水がたまり、足場が安定しなかった。宝探しもスムーズにいかず、時間配分も若干のずれが生じてしまった。しかし、子供たちはそんな中でも一生懸命作業をしてくれてうれしかった。小さな子は、稲を持つのも大変だったと思うが、私が一緒に作業をした子は、腕いっぱいに抱えて嬉しそうにしていて、私自身も嬉しくなった。一から育てたお米が食べられるまでもう少し、子供たちと楽しく活動していきたい。




感想
天気がとても良く気持ちよかった。最初は泥に入ることを怖がっていたけど、だんだん慣れて、楽しんでやってくれたので良かった。・宝さがしも一生懸命やってくれて、楽しんでもらえた。
・紐でイネを縛る作業も一緒にできて良かった。いつもよりも積極的にやってくれて嬉しかった。・お米を一緒に食べるのが楽しみになった。・飽きてしまった子の対策を考えたいと思った

感想
はじめは最後まで集中力をもって稲刈りができるか心配だったけど、一生懸命取り組んでくれてうれしかったです!最後にみん
なで集合写真を撮って、ミッケの子供たちとの思い出が増えました。次回で最後の活動になってしまいさみしいけど、全力で楽しみたいです

感想④
子供たちと一緒にもみまきをした米が立派に育ち、収穫を迎えることができた。小さい子は埋もれてしまうくらいに大きくなった稲だったが、小さい手でしっかりと収穫をしてくれた。
 計画を立てる上で、飽きてしまわないかという点を心配していたが、収穫を予定していた稲はすべて刈り取ることができた。むしろ子供たちは積極的に、慣れた手つきでの作業だった。
 
高校生も泥だらけになりながら、一生懸命作業でき、いい時間になったと思う。
----------------------------------------------------------------------


2018年10月21日日曜日

1,1kg デカ! 焼き芋にしたの? マリア・モンテッソーリ幼稚園からのべジコンレポート

おはようございます。
三重県桑名市のマリア・モンテッソーリ幼稚園からのべジコンレポートです!

こちらの園は、今年度初めて、べジコンに参加をしてくれました。
畑は、園長の田中ポール先生の親戚の畑をお借りして、さつまいもを作ってくれました。

先日、絶好の秋空の下、園のみんなで、お芋ほりに出かけました。
お母さんたちにもお手伝いしてもらいながら、みんなで芋ほりを楽しんでくれました。
今年は、豊作だったようで、子どもたちの顔よりも大きなお芋がごろごろと収穫できたようです
一番大きいのは、1,1kg。
子どもたちの笑顔の写真と合わせてお送りします。

ほがらか絵本畑 たいち







2018年10月14日日曜日

ほがらか農園のおいもほりの日

ほがらか農園のおいもほりの日。
ほがらか農園は、空が広くて、山がきれいなところにあります。

ほがらか農園で5月から育てていたサツマイモを、ほがらかファミリー音羽の親子で掘りました。(※ほがらかファミリー音羽は、児童発達支援の事業所です)
スタッフを含めて、総勢22名が来てくれました。
ほがらか農園は、トトロの森に入るような道を抜けたところにあります。景色は抜群。
 さあ、おいもほり、スタート!
ここの畑は、世話をする余裕がない人から無料でお借りしています
おまけに、隣の畑のじいちゃんたちが、「せっかく作っとるんやで、獣に食われたら
くだらん」と言って、電気の柵に電流を流してくれています。しかも、今朝、「今日
は電流を切っとくでな」と言ってくれました。

さあ、おいもほり!
まずは、子どもが軍手をはめるのが大変。2本の指が一緒に入っちゃったりして。
ここ掘れ!ここ掘れ!
準備ができた子からせっせと掘ります。準備ができてない子も掘ります。一番最初に
おいもを掘り出した子に、全員が拍手~!
モグラのように掘り進める子もいれば、蔓で遊ぶ子もいます。小さなかわいいおいも
だけを集める子も。そんな姿に、あちこちから笑い声があふれていました。
子どもたちがいてくれるからこそ、楽しさが倍増するんですね。
みんなで掘ったおいもは、新聞紙にくるんで好きなだけ持って帰ってもらいました。
こんなのが出てきた。
「てんぷらにしようか」「おばあちゃんにも見せてあげよ」などとうれしそうに持っ
て帰ってくれました。
今夜のそれぞれの食卓は、おいもを食べながら、おいもほりの楽しい話が尽きないこ
とでしょう。
残ったおいもは、もちろんほがらかファミリー音羽の療育で楽しいクッキングをしよ
うと思います。
一番大きなおいもは、ベジコン(ベジタブル・コンテスト)の報告用にとってありま
す。1.892キロでした。
さあ、何位かな?と考えるのも楽しいですが、今日のおいもほりが最高に楽しかっ
 おいも、見つけたよ!
た!
ありがとう!子どもたち!
ありがとう!パパさん、ママさんたち!

From:しんちゃん(ほがらかグループ代表)

ぼくが掘ったの?すごいでしょ。















子どもも大人も、みんな夢中。


一番大きなおいもは1.892キロでした。




特定非営利活動法人ほがらか絵本畑


2018年10月13日土曜日

べジコンレポートお送りします。
三重県桑名市の城東保育所のレポートです。

先日、園に伺った際、さつまいもの様子を伺ってきました。
こちらの園では、園庭にある、さつまいも畑ではとてもスペースが小さかったので、
なんとかもっと畑を広げて、子どもたちみんなで、さつまいも掘りをさせてあげたいという思いが先生たちにはありました。
そんな中、職員の駐車場スペースの片隅に、先生たちみんなで協力して、土を運んで耕して作られた、
先生たちの想いが詰まったさつまいも畑が広がっていました。

日頃は、子どもたちとお散歩に来た際に、先生たちと一緒になって、草抜きや水やりをしてくれているようです。
そんな様子を、主任の水谷先生が嬉しそうに聞かせてくれました。

ほがらか絵本畑 たいち

2018年10月2日火曜日



べジコンレポートお送りします!
先日、ほがらかファミリー音羽の先生たちと、
さつまいもの様子を見てきました。

4月から、しんちゃんが中心となってスタートした、
児童発達支援&放課後デイサービスの「ほがらかファミリー音羽」
今年は、べジコンに参加をしています。
畑には、子どもたちも参加して作った看板があります。
子どもたちとの芋ほりに向けて、先日一足先に、先生たちとサツマイモの出来具合を見てきました。
順調にすくすくと育ていました。先生たちの笑顔も素敵です。
芋ほり楽しみです。

ほがらか絵本畑 たいち

雨続き 松阪市大津保育園のべジコンレポート


松阪市大津保育園のべジコンレポートです。
先日、保育園に伺った際、さつまいも畑の様子を拝見してきました。
日頃、年長さん、年中さんが中心になって、さつまいも畑のお世話をしてくれているようでした。
また、小さいクラスの子どもたちも、葉っぱを持って、「おっきい!おっきいおいも!」と言って、
芋ほりを楽しみにしてくれている様子をお聞きしました。

運動会まじかということで、雨続きの中、子どもたちはホールで運動会の練習に励んでいました。
今回、先生や子どもたちの様子は撮れなかったですが、子どもたちの作った、てるてるぼうずを代わりにお送りします。

先生たちも、「おおきいおいもが採れるといいな」とお芋ほりを楽しみにしておられました。

ほがらか絵本畑 焼本