2018年11月23日金曜日

福島県立岩瀬農業高等学校から【ベジコン活動報告】がとどきました

福島県立岩瀬農業高等学校から【ベジコン活動報告】がとどきました!

【11月2日】:巨大キャベツにびっくり!芳山小学校と収穫・会食!

郡山市立芳山小学校の児童さん44名と収穫を行いました。収穫した野菜は、サツマイモ・キャベツ・ニンジン・ネギです。保護者の方、先生方に協力していただきながら楽しく収穫しました!特にサツマイモは、大きいものから小さい物まで、たくさん収穫することができました。巨大キャベツの最大重量は11.3kg!


また、収穫した野菜を使い一緒に調理・会食を行いました。メニューは、豚汁、浅漬け、炊き込みご飯。収穫したサツマイモ・ニンジン・ネギは、豚汁の具に。キャベツは浅漬けにして食べました。班ごとの味の違いを楽しみました。





【11月8日】:最大1.15kg!サツマイモと大根を収穫しました!

郡山市にある幼稚園、アゴラキンダーガーデンさんと、サツマイモと大根の収穫を行いました。サツマイモは次々に掘れて、たくさん収穫することができました。最大重量は1.15kg。大根にはさまざまな色があり、緑色がビタミン大根・青の蜜、白色が耐病総太り、紫色が赤大根・もみじという品種です。

カラフルな大根を初めて見た園児たちはびっくりしていました。黙々と収穫してくれた園児もいました!収穫の楽しさを、皆で感じることができました。12月には会食を予定しています。楽しみです!




2018年11月20日火曜日

東京都立農業高等学校から【芋ほり大会】のレポートが届きました

東京都立農業高等学校から【芋ほり大会】のレポートが届きました。

【芋ほり大会】

1024日(水)府中市立本町保育所と芋ほり大会を行いました。最初は1,2歳児クラス、続いて3,4,5歳児クラスの子供たちと掘りました。大きそうな芋の重さを量ったところ1.28kgでした。収穫量はおよそ110kgほどでした。








当日は園芸部として申請していた東京都GAPの審査と重なってしまい、部長ほか4名は芋ほりに参加できませんでした。



福島県立ふたば未来学園高等学校から【最終レポート】が届きました

福島県立ふたば未来学園高等学校から【最終レポート】が届きました。

1113日(火)広野町保育所にて1024日(水)に収穫したサツマイモを加工した蒸しケーキを配付しました。


スペシャリスト農業で栽培を選択する3年生5名が広野保育所の子どもと一緒に育て、収穫したサツマイモを追熟させてきました。食品製造を選択する3年生5名が、追熟されたサツマイモを「園児でも食べられるように」と1112日(月)にサツマイモの蒸しケーキに加工しました。





加工されたサツマイモ蒸しケーキは1113日(火)に園児たちに配付されました。同保育所を卒園した3年2組齊藤篤君は「みんなで収穫したサツマイモを蒸しケーキにしてきました。美味しく食べてください。」と笑顔で園児たちに手渡ししていました。



サツマイモ蒸しケーキを手にした園児たちは「早く食べたい」と笑顔で話していました。




岐阜県立加茂農林高等学校から栽培交流レポート【収穫後の取り組み】が届きました

岐阜県立加茂農林高等学校から栽培交流レポート【収穫後の取り組み】が届きました

【収穫後の取り組み】

サツマイモを届けた後、園児たちはふかしいもや大学いもに調理して食べたそうです。笑顔がいっぱいです。


111日(木)、下米田保育園に行き、市内の公園などの除草をしている「ヤギの除草隊」の糞からドーナツができるまでを紙芝居のように写真で紹介した後、私たち手作りの「さつまいもの塩麹焼きドーナツ」を配りました。園児からは「サツマイモの香りがする」、「おいしい」など歓声があがりました。ミニサイズのドーナツであるため、園児たちにとっても食べやすかったようです。園児に喜んでもらえ、たくさんの笑顔を見ることができ、嬉しかったです。













岐阜県立加茂農林高等学校から栽培交流レポート【収穫時 2】が届きました

岐阜県立加茂農林高等学校から栽培交流レポート【収穫時 2】が届きました。

【収穫時 2】
サツマイモ収穫後に、下米田保育園へ行き、園児たちにサツマイモを届けました。園児たちはサツマイモを見て大喜び。お礼に、運動会の組体操のオットセイとブリッジを披露してくれました。子どもたちとの触れ合いも楽しみました。




岐阜県立加茂農林高等学校から栽培交流レポート【収穫時 1】が届きました

岐阜県立加茂農林高等学校から栽培交流レポート【収穫時 1】が届きました。

【収穫時 1】
10月4日(木)、微生物利用班9名は、美濃加茂市下米田町の畑にて、(有)フルージックの渡辺さん、職場体験に来ていた中学生1名と一緒にサツマイモの収穫を行いました。本当は下米田保育園の年長さんと収穫する予定でしたが、天気の都合上、残念ながら園児は参加できませんでした。約2時間かけて、コンテナ約7ケース分の紅あずまを収穫しました。大きなサツマイモは約11.5kgありました。









2018年11月19日月曜日

1.15! 園の玄関に鎮座し来園する皆さんを驚かせています。アゴラキンダーガーデン郡山


 福島県のアゴラキンダガーデン郡山校の江藤先生から、べジコンレポートを頂きました。今年も、岩瀬農業高校のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒におっきなおいもを作ってくれました。
大きさは、1,15kgです。
みんなに見守られて、子どもたちも、おいもさんもすくすくと育っている様子が伝わってきてほっこりします。

ほがらか絵本畑 たいち

今回は園児の保護者にも参加頂き、丸々と肥ったサツマイモをたくさん収穫してきました。
初めは遠慮がちに掘っていた子どもたちも、
土の中でたくましく根を張るサツマイモと格闘するうちに、
目の色を変えて、次から次へと土を掘りおこし、
大きなサツマイモを誇らしげに見せてくれました。
高校生のお兄さん、お姉さんとは、久しぶりに会ったせいか、
少し緊張していましたが、12月に会食会を開いてくださる予定なので、そこでの交流も楽しみにしています。

今回収穫したサツマイモの最重量は、1.15キロでした!
園の玄関に鎮座して、来園する皆さんを驚かせています。

アゴラキンダーガーデン郡山 江藤京香









鬼まんじゅう! ちびっこさつまいもを療育のおままごとに使っています。ほがらかファミリー音羽 

「もちろん、スタッフの分もあるよ!おいしい!」


(障害を持つ子供たちの療育施設)
では、みんなで収穫したさつまいもの中で、ちびっこさつまいもを療育のおままごとに使っています。
実際に包丁を使ってトントンと切ります。クッキングをする時間がないので、収穫したさつまいもでスタッフが作った「鬼まんじゅう」や「さつまいもおにぎり」をご褒美にプレゼントします。
みんな、満足そうに、おいしそうに食べています。鬼まんじゅうは、東海地方のおやつで、ふかしたまんじゅうにさつまいもが入っています。さつまいものゴロゴロ感が鬼の金棒に似ているため、鬼まんじゅうと言われています。
もちろん、スタッフの口にも、鬼まんじゅうとさつまいもおにぎりが入りました。おいしいね。

From:ほがらか絵本畑 しんちゃん

(こどもたちの写真は控えています)
「包丁を使ってトントントン」
「上手に切れました」

「ごほうびに鬼まんじゅうだよ」
「さつまいもおにぎりもあるよ」




2018年11月15日木曜日

保護者さん畑でみんなで育てたお芋です 1.1kg. 高花平保育園 四日市市



 四日市市の高花平保育園からのベジコンレポートです。毎年参加をしてくださっている園です。

今年は、ベジコンのために、園の畑とは別に、
保護者さんの所有する畑でも、おいもを育ててくれてました。
園の畑では、今年は小さなおいもしかできないな~と思っていたところ、
保護者さんの所有する畑では、大きなおいもがごろごろと!?育っていたようです。
一番大きかったのは、1,1kg

保護者さんの協力のもと、みんなで芋ほりを楽しんでくれていた様子でした。
子どもたちと先生たちの笑顔と一緒にお送りします!
 
ほがらか絵本畑 焼本